ご挨拶

NPO法人日本咳嗽学会設立に関する御挨拶

 この20年間、日本咳嗽研究会は皆様のご協力により、咳嗽診療の向上及び啓発について着実な成果を積み上げることができたと考えております。日進月歩を続ける我が国の医学において、より効果的な診断法と治療法の開発を促し、快適、健康的な社会に貢献する事を目標とし、さらにこれらの活動で得られた貴重な認識を国民の皆様と共有し、皆様方の病気に対する考え方、良い医療の受け方、より適した医療機関の選び方などを理解していただくという啓発活動も大切な事業であると考えております。
 このような状況の中、役員を中心に検討を重ねて参りましたが、活動基盤を強化し、社会的信用と透明性を確保するため、NPO法人へ移行すべきとの結論に至り、平成30年1月17日付けで石川県知事より「特定非営利活動法人日本咳嗽学会」設立の認証をいただき、1月31日設立の運びとなりました。
 我が国の一般人口を対象とした一つのインターネット調査では、2か月以上続く慢性咳嗽で苦しんでいる国民は推定200 万人います。現在、慢性咳嗽の原因疾患の診断は治療的診断に頼らざるを得ない状況にあります。しかし、この治療的診断には、1)特異的治療の特異度による偽陽性 、2)自然軽快する場合の疑陽性、3)不十分な治療による偽陰性、4)治療抵抗性の場合の疑陰性、5)複数疾患の併発による偽陰性など、多くの問題点があります。それぞれの原因疾患の咳嗽の発現機序を含めた基本病態を解明し、基本病態を客観的に把握することによって診断する病態的診断を確立する必要があります。本学会はまさにこれを目指して、全国の咳嗽専門家が集結して、着実に成果を挙げることを第一の目標としています。そして咳嗽の診断と治療の方法を臨床医に普及しなければなりません。さらに国民には、咳嗽には原因があって、治療できることを周知することも重要です。本学会がこれらの目標を達成できるように、多くの方々の参画を期待しています。

平成30年4月吉日
特定非営利活動法人日本咳嗽学会
理事長 藤村 政樹

日本咳嗽学会 事務局

独立行政法人国立病院機構七尾病院
藤村 政樹

〒926-8531 石川県七尾市松百町八部3-1
TEL:0767-53-1890

ページトップへ