本文へジャンプ

トピックス

代表取締役社長丹野「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン2012」特別賞を受賞しました。

11月19日に開催されました起業家表彰制度「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン(Entrepreneur Of The Year Japan、以下EOY Japan)」のアワードレセプションにおいて、2012年度日本代表をはじめとする各賞の受賞者の発表があり、弊社取締役社長丹野が特別賞を受賞しました。

 ニュースリリース http://www.shinnihon.or.jp/eoy/news/20121119.html

 アントレプレナー・オブ・ザイヤー2012  特別賞受賞のコメント

  

この度は「アントレプレナー・オブ・ザイヤー2012」におけます「特別賞」を受賞したことを報告申し上げます。株式会社キュービクスは

「研究から臨床へ」を企業理念とし金沢大学医薬保健研究域医学系で発見・発明された先端医学を事業化することを目標に活動を

続けております。現在は金沢大学附属病院消化器内科、北陸の主要医療機関との多施設共同研究によって発見された「血液細胞の消化器がんに対するm-RNAの発現変化」を基盤とする受託検査サービス「消化器がんRNAチェック(研究用)」を医療機関との協力により展開しております。5mlの採血により消化器がん(胃癌、大腸癌、膵臓癌、胆道癌)の有無を解析するこの判定方法では早期の大腸癌を特定し、内視鏡で切除できた症例も報告されており、「早期発見が一番のがん対策」として先生方のご指導をいただいております。さらに他臓器のがんにも本解析方法は応用が可能であることから適応の拡大を目指し開発を続けて行きます。一人でも多くの方の健康にキュービクスは貢献していきたい、これが会社の願いでもあり、思いです。がん検査のリーディングカンパニーを目指し、社員一同これからも課題に取り組んでいきます。この「特別賞」の受賞を機に、決意を新たにし、また平素お世話になっています関係者の皆様方、先生方に御礼申し上げる次第でございます。これからもご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

                                                           平成241121

  株式会社キュービクス

  丹野  博EOY2012東京大会1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へもどる