本文へジャンプ

セキュリティポリシー

 当社の理念は「研究から臨床へ」です。医学系の研究者との共同研究で発見、発明された事象をいち早く実際の臨床の現場にお届けすることを目的として、受託検査サービスや体外診断用医薬品の開発等の企業活動を行っております。検体検査の受託にあたっては、検査データの高い信頼性と迅速な提供を確保するために、検査を受ける者(以下「被検者」という。)の個人情報を取得いたしますが、これらの情報は、慎重に取扱われるべきものと深く認識いたしております。

 当社は医療・バイオ関連事業を行う者としての使命と責任を十分に自覚し、個人情報保護については、「個人情報の保護に関する法律」および「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」(厚生労働省)を基本とし、その他「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」(経済産業省)および「衛生検査所における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」(日本衛生検査所協会)を参考に、セキュリティポリシーを定め、従業者に周知徹底を図り、適切な個人情報保護に関する取組みを実行いたします。

セキュリティポリシー

  1. 基本原則
    当社は、上記に示す事業の内容及び規模を考慮して、個人情報を適切に取得、利用いたします。

  2. 情報収集
    検体検査は、医療機関と個人情報取扱委託契約を結んで実施いたします。
    医療機関等より取得する被検者の個人情報は、受託した検体検査の実施に必要な範囲のものといたします。

  3. 情報利用
    医療機関等から取得した個人情報は、受託した検体検査の実施に必要な範囲(報告書・請求書の作成、問合せ等)とし、受託した検体検査以外の目的に利用しません。

  4. 情報提供・開示

    検査結果は医師の総合的判断における重要な判断情報の一部であり、当社が被検者本人又はその代理人等に直接、情報提供又は開示等を行うことはありません。また、ご本人の同意を得た場合や法令等により正当な理由がある場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。
    医療機関等の要請により、医療の向上を目的として検査結果を活用させていただく場合がありますが、被検者氏名など個人を特定できるような形での情報開示は行いません。
    受託した検体検査の一部を他の検査機関等に再委託する場合は、個人情報を適切に取扱っている検査機関等を選定し、個人情報取扱委託契約を結んで実施するとともに、その取扱いについて定期的に確認いたします。

  5. 安全管理
    個人情報保護管理者の設置を始め内部における責任体制を確保し、不正アクセス、紛失、改ざん、漏洩等の危険防止を図るため、必要かつ適切な措置を講じます。
    個人情報の適切な保護が確保できるよう、教育研修を通じて、従業員の個人情報の保護意識の啓発を図ってまいります。
    検体検査を再委託する場合には、委託先において個人情報の保護の措置が確保されるよう、個人情報取扱委託契約により、委託元と委託先の責任を明確に定め、定期的に確認いたします。

  6. 苦情・相談窓口
    当社は、個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関する苦情・相談窓口を設置し、対応いたします。

株式会社キュービクス 代表取締役 丹野 博
平成25年8月1日

当社個人情報保護基本方針に関するご質問、ご意見につきましては、当社 総務部 個人情報保護担当者までご連絡ください。
TEL. 076-201-8821 / お問合わせフォーム

セキュリティポリシー

 

ページの先頭へもどる